組織風土と世代間コミュニケーション
〜ワーキングケアラーを考える〜

今、世代間コミュニケーションが職場の風土をよくするカギ 理解しあうために必要なヒントと知識を考えましょう

ワーキングケアラー問題とは?

2025年。日本は超高齢化へいよいよ本格的に突入します。
団塊の世代が75歳を迎えることで医療や介護といった社会保障制度に大きなインパクトを与えます。2023年春から制度改正が本格的にすすめられ、前代未聞の提案がくるのではと本気で心配をしています。

じつは心配はそれだけでなく、
多くの企業にとってじつは超高齢化による経営リスクがあります。これはあまり知られていないのですが、介護や療養を理由に優秀な人材が退職していく流れになります。しかも「急に」です。

たいせつな家族を守るのは自分しかいない。
仕事をしながら家族を支える人のことをワーキングケアラーといいます。
支えるとは、実際に介護や看護、介助など、そばにいて見守るなど、お世話をする=ケアという意味です。

働き方含めて「多様性推進」ですが、今までとは次元の異なる課題に直面します。そして、それが数十年にわたって続いていきます。

「育児・介護休業法」など必要な制度も整備されました。ワークライフバランスの推進や女性活躍社会の推進などを含めて、働き方改革に向けた施策を進めていますが、残念ながら法制度はかたちだけ。実態把握もできていません。

「個人的な事情は職場じゃタブー」
ワーキングケアラーの日常は水面化で静かにすすめられ、給湯室ですら語られることがなくなった職場環境では、上層部には伝わりません。なぜこうした取り組みが必要なのか、具体的なサポート、制度利用の促進など手付かずのところが多いでしょう。

「もっとわかりあいたい」
ひとりで完結できる仕事よりチームのほうが生産性や効率がよく、満足度や達成感が得られやすいということはご存知でしょう。ところが忙しいばかりの職場環境では、他人のことまで配慮ができません。すると時間有休をひんぱんにとったり、リミットせまっているのにもかかわらず定時で早足で帰る人をみると、あまりいい雰囲気になりません。こうでないと!こうあるべきだ!という正しさあまって、どうして!いつもそう!と感情が先走りしてしまいます。ほんとうはいい仕事をするために、もっとわかりあいたいのに。

これを放置していると、貴重な人財の流出と職場風土の悪化につながり、経営にも大きく影響します。

今後加速する人材不足に対して、「両立ができないため退職する人を見送る」のではなく、「両立するために全社的に支えていく」視点を手に入れて、人財に選ばれる企業になる道筋をご提案するものです。

一度、社内勉強会をしてみませんか

まずはなにがおきているのか、これからどうなるのか、世代間コミュニケーションとワーキングケアラー問題の全体像を確認してみてください。そこから、自社の現状の強みと今後の対策、そしてあるべき未来像がみえてきます。


社内勉強会のご案内


◆対象  管理職、人事担当部署、経営幹部

◆形式  対面、オンライン

◆時間  120分 質疑応答含む


◆内容

これからワーキングケアラーが経営リスクになる理由
介護や療養をしながら働く人たちのワークライフバランス
職場風土が悪化する世代間コミュニケーションの壁
企業がするべき対策はたった2つ
ワーキングケアラー対策マネジメントのヒント

 

ご希望にあわせてプログラムを作成しています。
気になるかたは、ぜひお問合せください。

Back Top